こんな車買取店は要注意?損をしない買取店の選び方

車を買い取ってもらう際に気を付けておきたいいくつかのポイントをまとめてみました。

買取と下取りの違い

愛車を売る事になった時、まず知っておくべき事とは何でしょうか。
車を買い取ってくれる業者は沢山あり、その中でどこに売ると損をしないのか、素人では判断のつけ方が難しいかと思います。
このサイトでは、まず下取りと買取の違いを知り、どのようなポイントに気を付けながら買取業者を選んだ方がいいのかをまとめてみました。

よくカーディーラーと買取専門店、どちらも中古車を買ってくれるという話を聞きますが、ではこの2つにどのような違いがあるのでしょうか。
ほとんどの場合、高く買い取ってくれるのは買取業者です。
しかし、自分は絶対このカーブランドの新車を次は買うんだという強い意志のある方や、買取業者でとてつもなく低価格をつけられてしまった車をどうしようか悩んでいる場合には、カーディーラーを利用するのも良いでしょう。
しかし、たいていの人は、できるだけ愛車を高く売りたいと思うはずです。
その場合には買取業者を利用した方がお得と言えるでしょう。

では、たくさんある業者の中で、詐欺に合わないように気を付けるにはどういった事をチェックしておくべきでしょうか。
まずは日本自動車流通研究所、略してJADRI(ジャドリ)と呼ばれる一般社団法人に加盟しているかどうかを確認してみましょう。
これに加入できる業者は信頼できるといえるでしょう。
また、「古物商許可証」や「行商従業者証」を出張買取などで店舗の確認ができない場合には見せてもらうようにしましょう。
これらの証書がなければ中古車の売買はできないことになっていますので、提示できない業者は疑った方が良いです。

実際に、業者との査定が始まったら、交渉は必ずする価値があります。
また、最終的に最初話していた買取額より低い金額にいつの間にか難癖付けられて変わっている時はすぐにやめましょう。




車を売る時に気を付けたい買取店の選び方

買取と下取りの違いをご存知でしょうか。 買取は文字通り、車を買い取る事をさします。 車を買い取ってもらった後は、何もありません。 一方で下取りとは、今乗っている車を手放した後、他の車を買う事を前提に、しかも同じお店で買う事を約束した上で買い取ってもらう事になります。 もう少し詳しくその違いを見てみましょう。

詐欺業者に騙されないための対策

素人目にはどの業者が信用できるのかすぐに判断することは難しいかと思います。 しかし、それを証明できるものを確認することは誰にだってできますので、ぜひ詐欺業者に騙されないためにも確認してみてください。 ここでは分かりやすいいくつかをご紹介したいと思います。

損をしないために

損をしないために、事前に自分でできることや査定してもらう時に気を付けておくべきことをまとめてみました。 買取業者ができるだけ安く買い取りたいと思うのは当然の事で、それと同時に売り手としては1円でも高く売りたいと思うものですよね。 売手としてはどういった点を注意するべきなのでしょうか。

TOPへ戻る